OA機器のある暮らし|プリンターで毎日を鮮やかに

カラー

再生トナーで環境改善

環境問題の後押しでさらに普及する

okiの純正品トナーと比較すると格段に低価格のリサイクルトナーは、環境にも優しいエコロジー効果も期待できるため、今後ますます普及することが予測されます。 年々悪化していく地球の環境問題の中でもゴミ問題は深刻な課題です。 プリンタのトナーは純正品を使い続ければ使うほど、ゴミとして環境に負担をかけることになります。 最近ではokiなどメーカーがこの純正品トナーを回収していますが、だからといってリサイクルして再生しているわけではありません。 回収したトナーはできる限り環境に負担をかけない形で処分されるのであり、リサイクルトナーにはならないのです。 つまり環境問題においては純正品トナーよりもリサイクルトナーの方がメリットが大きいことは確実です。 環境問題が深刻化する毎にリサイクルトナーはますます普及するでしょう。

リサイクルトナーの使用は自己責任

そんな環境にも優しいリサイクルトナーを使用するには一つの注意点が必要となります。 それはリサイクルトナーを使用するならば、その責任は全て自分自身にあるということです。 okiに限らずほとんどのプリンタのメーカーは、リサイクルトナーの使用を保証しておらず、使用した場合はそのプリンタごと保証対象外となります。 ただし、勘違いしてはいけないのは保証対象外となる理由です。 一見、リサイクルトナーを使用する事はメーカーが保証できないほど危険な行為だと思われるかもしれませんが、そうではないのです。 最近のリサイクルトナーは非常に質が良く、実際に使用してもトラブルになる可能性は低いのですが、かといってokiなどのメーカーが率先して再生トナーの使用を認めるわけにいかないからなのです。 プリンタのメーカー保証がなくなり、その後のプリンタに関する問題は全て自己責任になる事は覚悟しなければならないでしょう。